名刺を自作した場合と外注した場合の比較について

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

名刺み

ビル

名刺を自作した場合と外注した場合の比較について

今日、名刺はビジネスにおいて欠かすことのできないツールであり、異業種交流会など初対面の相手と接する際の自己紹介目的として大いに活用されております。
名刺の作成と言うと、従来は印刷業者への外注が主流でしたが、ここ最近は自分で作成するケースが増えてきました。
自作した場合には何といっても費用が安く抑えられますし、また、少量でも作れたり簡単に内容の変更や訂正ができる、といったメリットがあります。
しかし、手作りである以上、台紙の質感やデザインとも安っぽい感じになってしまうことは否定できず、ビジネスで使用するには向かないという声もあります。
これに対し、外注した場合は材質の質感が高級になりますし、デザインの体裁も整えてくれます。
また、コストの面も大量発注するほど割安になるというメリットがあります。
しかし、その一方で、一定枚数以上でなければ発注できなかったリ、作成後にミスや変更が発生しても訂正できないというデメリットもあります。
名刺について自作する場合も外注する場合も一長一短があり、どちらがいいと一概には言えませんが、場面場面に応じて使い分けることがベターですし、多くのビジネスマンが2種類以上の名刺を携帯し、場合に応じて使い分けをしています。